さよなら おばあちゃん│フェレットとの暮らし2

さよなら おばあちゃん

ここでは、さよなら おばあちゃん に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら おばあちゃん


12月1日 母方の祖母がなくなった。

婆ちゃんっ子だったけど、知らせを聞いて涙でなかった。 

神仏 大切にしていた人だから、まっすぐ天国だろうなと思った。

1日は神様の日だし、12月2日は、母の誕生日

これに重ならないように旅立っていった気がする。 



家庭の事情と言うか親戚の兼ね合いもあって 

自分は葬儀に出ることができない。   

妹は駆けつけているのでメールで 

「自分は事情あって行けないけど、、婆ちゃんに心で語りかけてあげて

肉体は抜け殻だけど、まだ魂はそこにあるはず。 

行けなくてごめんね。 そして今までありがとう。婆ちゃんの孫でよかったよ」

そう伝えてとメールした途端 涙がこみ上げてきました。 



霊感強かった婆ちゃんのもとに、霊感強い 妹が行っているので

心は伝わる気がします。

そして再び神仏様の加護があるから大丈夫と感じると涙は止まりました。  

婆ちゃん 天国でゆっくり休んでね。



追伸 

そして12月5日はラン君の一周忌。 

動物にもやさしかった婆ちゃんだったから、きっと天国のラン君も

かわいがってくれること思います。

神仏の存在が気のせいで無いこと教えてくれたのラン君。


追伸の追伸 

投稿ジャンル設定 設定していないのに「心と身体」になっている。

同じように誰かなり動物なり亡くして苦しんでいる人にメッセージ伝えるべきなのかな? 

たとえこの世で亡くなろうと魂は永遠にあると思いますよ。

聖なる存在は確実にいると思うし 



追伸の追伸の追伸 

物事は変化しているから存在して見える。結局は無に近いものなのかな? 

辞世の句に「この世は夢のごとし」みたいな言葉あるけど

端的に表している気がします。

自分も人生終わり間際は、人生あっという間だったなと感じると思う。 

その時は、たぶん辛かったこととかは忘れていると思う。  

そして、その時 あ~この世に生まれること知ることができて

幸せだったと思うのではないかと思う。また、そのようになりたいのです。

フェレット Get Money 暮らしの中に小さな幸せ♪ マイアカウント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。