パンナちゃん チックンなし│フェレットとの暮らし2

パンナちゃん チックンなし

ここでは、パンナちゃん チックンなし に関する情報を紹介しています。
パンナちゃん 動物病院へ行ってきました。

今日は、チックンなしでした。 

前回から期間が開いていたけど体重変わらず。 


IMG_9826_20120221203557.jpg

診察中、パンナちゃん するすると先生の腕の方へ 

ガブッとポイントを探している動きしていたのであせりました。

そういう時って、「噛んじゃ駄目」という言葉より 

「あ~あ~」という言葉しか出てこないです。

前回の病院の時、カンナちゃんは先生の胸のところのペンを

ガブッガブッして遊んで?いました。

たまにチックンあるけれど、先生悪いところ治してくれているんだって

フェレット達はわかっているかも知れませんね。 




自分のあとは、鳥さんの診察でした。 


wikiに -獣医師免許を持つ者全体のうち小動物臨床の獣医師が占める割合は、
都道府県別で最も高い東京都でも約6割程度でしかない。
日本全国で見た場合でも全体の4割程度しかなく-と書かれていました。 


市内にいい病院があって良かったです。

先生は、他にも馬とかも診ることあるようです。 

常々すごいなと思います。

自分は、「ありがとうございます。」という言葉でしか感謝伝えられないけど 

ものすごく感謝しています。 




さて、おうちに帰ると留守番イタチ4匹が固まって寝ていました。

帰ってきたのに気がつくと、パンナちゃんのもとに駆け寄ってました。



人気ブログランキング フェレット にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ FC2フェレットブログランキング

フェレット Get Money