予定通り 護摩焚きへ│フェレットとの暮らし2

予定通り 護摩焚きへ

ここでは、予定通り 護摩焚きへ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定通り、護摩焚きへ行ってきました。


お不動さんの護摩焚きです。 

相変わらず!? お不動さん自身より観音経流れている時 

一番、仏様登場感じます。

まだ護摩の火にあたっていないのに、とにかく体が熱くなります。 

普通の暑いでなく、熱い・・・一気に汗が吹き出る。



護摩木には、ポンタ君 カンナちゃん供養。 

今いるペットのためペット健康の願をかけました。  

後、木札には「厄難消除」を願とし祈願してきました。 

ここで、ようやくお不動さんの熱さも感じはじめました。



一応、父も連れていきましたが、う~ん。

父自身の心が変わらないかぎり・・・何度悪い物 

ひっぺがしても、また拾い出す・・・そんな印象。  



根底にあるのは、父の母が若くして亡くなっている事

その時、おそらく父は、神頼みや仏だのみして 

それでも・・・父の母は早死にした。父の心は、神も仏もいないという心・・ 

その亡くなった父の母自身 「南無大師遍照金剛」など唱えていたみたい。

でも思い届かず・・・  



父の母は、駆け落ちで結婚。で横取りされた女の人は自殺。

その辺の恨みつらみのほうがまさったんだろうね・・・    

この駆け落ちや自殺の話は、父の兄に聞いたけど 

聞く前から知っていた。夢の中やイメージとして流れ込んできていたから・・・ 



じゃ~父の母の「南無大師遍照金剛」がまったく効いていないと

いうかと、そうでもない気がする。 

父の母が亡くなった年齢で、「南無大師遍照金剛」という言葉に

出会った人物いる。自分のことだけど(笑)

追悼供養して欲しいのかな? なんて思う。 

形はどうであれ、「南無大師遍照金剛」という言葉に気がついた時点で

父の母に関しては、それであっているような気がする。



父の様子見ていると、特定の神様仏様の前では従順

ある神様仏様の前では、拒絶反応。 

どこまでいっても反応同じだから(父は神様仏様の名前知らない) 

その人その人にあった神様仏様は存在する気がする。

ま~自分は、宗教自体には、特にこだわりないから 

心地良いと思った神様仏様に手を合わせるだけです。




いわゆる下手な霊能者より視えるという点では視えている気がする。

ただ、悪い物が憑いているように見えた時、それのひっぺがしかたがわからない・・・

ある程度自分にかかってくるのは、祓える気がするけど  

結局、「気の持ち用」というのが、とても大事。 

なんというのかな~ 自分の気持がぶれていなければ 

神様、仏様 フル稼働しているの実感できるけど 

父の「負の言葉」で、自分自身ぶれている時は・・・ 

再び神様 仏様にふれるまで時間が掛かる・・・

だから本来は、気の持ちようがしっかりしていれば

お金をかけなくても(依り代) 神様 仏様のご加護は受けられるはず。

普通、ちょっとした悪い物憑いても普通に生活していれば

気にすることなく勝手に離れるとも思うし



自分の視えると言っているのは、幽霊が視えると言うよりも

時間軸を取っ払った見え方しているという感じかな? 

だから本来より早く未来が見えることも珍しくはない。 

ただ狙って知りたい未来が見えるわけでもなく 

意味がないちゃ意味が無い。警告といえば警告なのかもしれないけど



世の中なんて、本来は実にシンプルで 

「因果応報」という言葉が、物事をよく表している気がする。

父が思っている以上に神様 仏様というのは存在しているんだけどな~

逆を言うと、その反対の悪魔的なものも存在しているんだけどな・・・



父も以前より、良くなっている部分あるけれど

根底にある、人を怨んでいる気持ち捨てないと駄目

怨んでいる人を、とやかく父は言うけど 

自分から見れば、まったく同じタイプの人間というか同じ事してる。

ま~その父が怨んでいる人物 幽霊憑きに見えるというか 

この世でない匂いを発しているけれど・・・

どこいっても近隣 ご近所とトラブル起こして弁護士沙汰になっているけど 

あれだけ憑いてちゃ・・・当たり前ちゃ当たり前に見える。



あまり深く考えないほうがいいんですけどね~

世の中 「知らぬが仏」という言葉があるくらいですからね。



フェレット Get Money 暮らしの中に小さな幸せ♪ マイアカウント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。