お通夜と成仏│フェレットとの暮らし2

お通夜と成仏

ここでは、お通夜と成仏 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お通夜と成仏


お世話になった人のお通夜に父と行ってきました。

亡くなった故人はもちろん、おばさんにもお世話になっています。

二人とも、いつ会っても笑顔で「○○君元気?」と声をかけてもらったり

食事会に呼ばれたりしました。



最初、おばさんに挨拶した時、自分誰だかわからない様子でした。

坊さんより短い髪して・・・メガネかけてたから・・・ 

でも、父が息子と紹介したら気がついたみたいです。 

少し喜んでもらえたみたいでよかったです。 

自分は、おじさんもおばさんも好きなので、なおさら



読経したお坊さんは、生前 故人とも親交あったようです。

お経があがって、合掌してください。と言われた時 合掌しました。

すると!? 右手に電気みたいなの走りました。

直感的に、仏様のもと成仏しているんだなと思いました。 



生前ボランティアに力いれていた人なので 

亡くなってから仏様が天国に連れて行くのが早い気がします。

本当、誰かのために力を尽くした方でした。参列者も多く人柄を物語っていました。

故人の略歴を紹介している時、自然と涙が流れました。 

本当、死に接すると、それまでの事は幻のように感じます。



今回亡くなった故人の前にも、誰かのために尽力した人が亡くなりました。

小学生の時も、やさしい人と思いました。

その人の時は亡くなった事知らなかったので葬式に出られませんでした。


自分が大人になってみて改めてその優しさは建て前でなく本物だと感じます。

この年になって、人の優しさありがたみが少しわかったような気がします。

今は、殺伐とした世の中で生きていくには「生き馬の目を抜かなければ

そんな感じがしますが・・・そんな中でも立派な人もたくさんいます。



自分は、良いお手本になるような人間に出会うことできているので

何とかいかしたいものです。

よく言う「類は友を呼ぶ」でないけれど、自分が良き人間になろうとしていくと

自然と同じような人間が集まるような気がします。



追記 

会場で後輩二人とあった。「○○さん???」と気がついてくれた。

その一人と握手した。なんか二人とも立派な大人になっちゃって・・・

自分175だけど自分より・・・背高いし・・・

その二人と父並ぶと小さく見えた。 自分が、すねかじりまくったから

自分は、学生のまま時が止まっているな~なんて思っちゃいました。ウーム。

フェレット Get Money 暮らしの中に小さな幸せ♪ マイアカウント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。