3鼬とチックン。│フェレットとの暮らし2

3鼬とチックン。

ここでは、3鼬とチックン。 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3鼬とチックン。


朝、テンマくんがゼーゼーと口半開き それにゴホッゴホッと鼻水。

病院へ行ってチックンしてもらいました。

IMG_0440_20120504171727.jpg




家に帰って、テンマくんが落ち着いているので

今日はゆっくり眠ろうとしていると ランカちゃんがクシュンとくしゃみ

午後から再び病院へ行ってランカちゃんもチックン。

(ランカちゃん、最近首つかみにくいくらい太りました。)

IMG_0451.jpg

で二匹とも鼻水でていたのでパンナちゃんもチェック

あれっパンナちゃん 体重落ちている。

IMG_0358_20120321233222.jpg


パンナちゃんも病院行ってチックン。 

なんとなく抱っこしていると、ぐったり

注射自体は、いつもと変わらないと思いますが

パンナちゃん自体、かなり弱ってきているので注射もきつくなってきているようです。

(一番体重あった時の半分なので、ずっと厳しい状態です。)

いつも注射すると、早い段階でラクそうになります。 

今日は、なんとなく注射後抱っこしていました。




病院で気がついてよかった。  先生、ペットチニックを与えてました。 

その後、聴診器で心音聞いて落ちついたので帰宅。

で、帰宅後もちょっと元気ない感じでしたが、時間たつと自ら固形の餌を

食べようとしました。でも噛む力がないので、うまく食べられない。 


ふやかしフードあげようとしたら嫌がる

はて~パンナちゃん食べれる、やわいものはと考えた時

ピンポ~ンと関東の女神様から荷物届いた。 

パンナちゃん好きなジャーキー入ってた。

ジャーキーあげた後、再びふやかしフードあげると食べました。

どちらもちょっとだけです。



今は、落ち着いて寝ています。

パンナちゃん、お迎え時から一番体弱そうだけど、一番頑張っています。

どうしても天国に行かなければならない、「その時」は苦しむことなくと思います。

「死」というものは、意識しているけれど・・・あきらめたわけでなく 

最後の最後までパンナちゃんを焦らずサポートしようとする飼い主です。



焦らない!!これが大事だと思います。「闘病中」食べれない時は食べれない。

一滴の水すらダメージになりかねない時もあります。

自分にも言い聞かせるつもりで書き留めました。



相変わらず、思いつくままに書きましたが、異変感じたらすぐに病院

が飼い主がとれる最善の方法だと思います。

やっぱり冷静に最善の方法とれるのは、先生です。 

先生の言葉の一つ一つに、飼い主がとれる最善の方法が散りばめられています。

「見守る」それも一つの選択肢。



追記

ポンタ君 パンナちゃんは、亡くなりましたが・・・

飼い主出来る範囲の事、やったつもりなので後悔ないです。

ランマ君の時、焦ってしまったので・・・なるべく焦らないも実践できたので

ランマ君の死も無駄にしていないつもりです。

そして、亡くなった3匹とも観音様のもと天国にいると思っています。

ペットの死は、悲しいけれど・・・最後まで看病出来て良かったです。

本当の意味でペットと心通じるのも感じました。

お天道様も、その辺は見ていると思います。いつの日か、天国で再会する予定です。

全力でフェレット愛し続けるのです。 わが人生 イタチ愛


人気ブログランキング フェレット にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ FC2フェレットブログランキング

フェレット Get Money 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。