父の話をよく出すけれど│フェレットとの暮らし2

父の話をよく出すけれど

ここでは、父の話をよく出すけれど に関する情報を紹介しています。
父の話をよく出すけれど


簡単にいえば、「要介護」 

介護といっても日常生活は、なんとか本人出来る。 

脳梗塞の後遺症なのか? 感情のコントロールがうまくできない。 



先日など 「生ゴミ」のにおい強くなっているので 

きちんとゴミの日に出したほうがいい!! というと

父 「何もにおわない。 お前宗教はまっているからお告げで臭いのか?」 

「まだ臭くないから、出さなくていい」

とわけわからないこと言い出し・・・暴れる寸前。 



病院いった方がいいと言っても聞かず。

ゴミ出しに限らず、茶碗とかも貯めこむので・・・ 

飼い主がやろうとしたら!! 激怒しだしたり。 

要は、父が出来ないやらない事を飼い主がやろうとすると怒る。

そんな感じ。 非常に疲れる。




飼い主にとっては宗教というより自分が感じる神仏様信じているだけ

仏様(お不動さんと観音様)に一心不乱に祈った。

父どんどん穏やかになり、ちゃんと病院行った。 

病院で検査して、先生に「匂い嗅ぐ神経が駄目になっている」と言われて

薬もらってきた。 父、鼻悪いのに納得し穏やかになった。



激怒してたと思ったら、スキップしだしそうな陽気になってみたり

その感情の起伏についていけない。 



客観的にみて、まず父は脳梗塞の後遺症あり。 

もともとの頑固さが年をとることによってさらに頑固。 

病気の人にありがちな?物事スムーズにできないゆえの八つ当たり。 

後、アスペかピック病 そんな感じ。 

アルツハイマーも心配なので、わざと人の名前とか聞いてみる。 

それは、案外覚えている。 近くの事から忘れがちになると聞いたこと

あるので、そんな質問してもまあ思い出す。



で今度は、ちょっとオカルト的な感じで見ると 

しょっちゅう、外で「何か」 拾ってくるというか

憑れて帰ってきているとか、そんな感じ。父のオーラは黒っぽい感じ。 

「俺は一人で生きている」と豪語したり、暴力肯定的な性格・・・



で自分が神仏信じているきっかけになっているのが父の反応。

父に聞こえないところで唱えても 



祝詞=父、頭が痛くなる。  

不動明王真言=なんか熱いなといいながら眠くなる。

観音様=穏やかになる。眠くなる。  

神様でも八幡神や如来クラスの仏様。 反発するように父凶暴。 

母は、般若心経に苦しんでいた。 




大体、きちんとしたお不動さんが祀られている所に行ったら

建物入る前から父 「アッチチッチ 」言っている

脳梗塞で倒れた時、心霊の番組見ていたらしい。 

す~っと引っ張られたように倒れたと本人言ってた。本物だったらしい。  

テレビは、作り物多いけど、中には本物があるとお寺でいってた。 

実は、父のほうが霊感強いと思う。 

父、夢の中で包丁と縄 持ってきた人襲ってきたって言ってたことあったけど・・・

それって!! 利剣と羂索もったお不動さんじゃないの?って思った。




で、父が憑れて帰ってきたもの飼い主が普通の時はいいけど

寝不足だったり、体調悪い時はきつい。 波動を受けるというか・・・

感化されるというか・・どよ~んとなるというか。  




















フェレット Get Money