命の重さ│フェレットとの暮らし2

命の重さ

ここでは、命の重さ に関する情報を紹介しています。
一作日 とてもショックなメールが届き ブログ更新やめます。と書きましたが 


励ましのコメントいただいたのと、本人から謝罪あったので
ちょっこと記事 書きます。このまま再開するかは、わかりませんが・・・

まー自分も相手を傷つけたり失言したりあるので・・・
深く攻めはしませんが・・・

許す許さないより 実際にラン君がなくなってしまった時 
否応無しに今回の事 思い出すかと思うと心の傷は深いです。
命の大切さを、それとなく色んな表現で書いてきたつもりなので 
それがまったく届いていなかったと思う事もショックです。 


それでも伝わっている人達もいるようなので
まったくの無駄ではないのかな?



命の重さ フェレット達も知っているようです。 
誰かが体調崩したり、調子が悪いと  
他のフェレットは心配そうに 寄り添い励まします。写真はポンタ君。 

IMG_0150.jpg

パンナちゃんやカンナちゃんも心配そうに寄り添ったり 
毛づくろいみたいな事して、「お兄ちゃん元気にな~れ」的な事しています。

カンナちゃんが次の日に手術あるという日 
空気読んだのか 他のフェレット達は!?
カンナちゃんから離れようとしませんでした。 


ラン君、まだ体調悪いですが生きようと必死です。
はじめ体調崩した時、飼い主のそばに来て 
「病院連れて行って 僕 まだ生きたい」 
そんな感じでアピールしていました。  

病院で注射する時も、飼い主がそばにいると 
頑張って注射受けています。
暴れないので先生 びっくりしていました。 

歩くのも大変なのにフラフラとトイレまで向かいます。
見ていて、とてもせつないです。どこでしたっていいのに

病院で治療してもらったり、お薬あげた後は 
大して飼い主に出来ることはありません・・・ 
それでもマッサージしてあげたり、よくなりますように~って声かけたり
神さま 仏様 まだ連れて行かないでって必死にお願いしたり 


1秒でも 長く生きて欲しい!一緒にいたい

 
ただそれだけです。 寿命はどうしようもないけれど・・・ 


最後に多くの動物達が幸せになることを願っています。 



いつも応援ありがとうございます。↓ポチっと応援宜しくお願いします。

人気ブログランキング フェレット にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ FC2フェレットブログランキング

フェレット Get Money